画材屋さん

最近めっきり原稿はフルデジタルなことが多いのですが
やっぱり画材屋さんに行くのは好きです。
なんだか使ったことがないような画材がいっぱいあるし
鉛筆とかもお高いものがいっぱい並んでるし。
最近だと不思議な便利画材も色々あって面白い。
「こんなのがあったらいいのになー」って思ってたものが
売ってたりするとなお嬉しい。

衝動的に
使ったことないお高い鉛筆と使ったことない消しゴムと
使ったことないスケッチブックをひとつずつ買って

楽描きを楽しむのもまたいいよね。

デジタルは綺麗に描けるけど、視覚のみの感覚が強く感じて
アナログは失敗も多いけど音やにおいや手触りとか、5感を全部使うような気がする。

どっちがいいとかじゃなく、どっちも画材だからそれぞれ楽しい。

これからも色んな画材でるのかなー。

デジタルはどこへでも持ち歩いてどこでも使えるような液タブが欲しいなー。

アナログは消しゴムで消しても薄くならない速乾耐水性で綺麗な黒で伸びがあって
ペン先にこびりつかないインクとか
書き味の落ちにくいペン先とか
消しカスが出ず、軽い力で消せて、割れも起こらない消しゴムとか
紙を傷めずにインクが消せる消しゴムとか

そのうち開発されないかしらん。

コメント

非公開コメント